ビニールクロスは現場で重宝される材料ですね

安い・きれい・汚れに強い・模様が豊富というメリットがあります

汚れたり、飽きたりしたら張り替えが簡単

創る側からしたらありがたいですね

しかし、欠点もあります

剥がしたら産業廃棄物になる

通気性や調湿性がないので、結露やカビが発生しやすい

ビニールですからね、考えればわかる事です

最近はエコ路線でスーパーでもレジ袋は有料になってきました

これはどういうことか?

建築業界も考えるべきです

人が住まう場所にビニールって!

ビニールクロスは焼却すると有害な塩素ガスやダイオキシンを発生

もちろん埋め立てても土には還りません

安くてきれいで手軽なため、ビニールクロスを使ってきた建築業者が多いのも確かです

しかし環境にも良くない、住まいの中で使用するのも良くない

何故使い続けるのか?

安く工事をあげるため、それだけです・・・

人の事や、住まいの事は二の次

工事者主体ではなく、人の健康を第一に考えるべきです

基本ビニールクロスはをオススメしません

というか当社では使用しません!

当社お勧めは、スイス漆喰

調湿、臭いの分解、抗菌、様々な効果があります

お値段はビニールクロスより工事費は割高になるのは事実です

ただし、住まいの環境は確実に良くなります

自信を持ってお勧めしています!

t02200293_0800106712905024554

しかし予算が限られているのも事実

その際は和紙クロス、オガファーザー等、ビニールではない壁紙で対応します

ビニールクロスは壁紙ではありません壁ビニールですね(笑)

日本の家の標準仕様はは紙と土と木で仕上げていました

本当の壁紙、布クロス、和紙・オガファーザーなどは

ビニールクロスのプリントとは違い

自然のものを利用して作られますのでカラーやパターンにバリエーションが少ないです

しかし最近では、そのナチュラルで生成りな感じが人気!

ビニールクロスにはない調湿効果がありますので性能は格段に良くなります

時間がたって汚れたら剥がさずに上から重ね張りや塗装で対応できる材料です

万が一廃棄処分になっても土に還ります

そして自然素材は静電気を帯びないので

ビニールクロスのように埃を寄せ付けず汚らしくなりません

主原料が木である紙や布はいずれ土に還ります

循環型の天然素材

やはり原点に戻らないと良い住まいは手に入りませんね

自身の健康の事、お年寄り、お子さんの身体の事

良く考えてくださいね

間違っても見かけだけで材料は選ばないでください!

見かけが良くても中身は・・・

いつもおかげさまです(^.^)

カテゴリー 住環境は大事