当社の壁紙はイケダコーポレーションのオガファーザーを使います。自然の家を目指すとビニールクロスは使えません。

自然の家を目指すと、自然素材を使った材料の選択となり、使う材料が制限されていきます。

オガファーザーの主成分はウッドチップと新聞再生紙。石油製品や化学物質を使用していませんから自然にも人の身体にも良い材料といえます。

自然の家に使う材料は!04

化学物質を使用していませんから焼却処分の時にも有害物質は出しません。

焼却処分の時に有害な物質を出さない、この点からも地球にやさしい材料です。対してビニールクロスは化学物質と石油から作られていますので焼却の際には有害物質を出します。ダイオキシンですね。

image黒い煙が立ち上り、呼吸もままなりません!火災の時にも問題が出るということです。この有毒ガスの中、避難するのは困難です。

更には石油、化学物質で作られたものですからVOCを揮発し続けます。つまりは地球にも身体にも良くない材料であることがわかります。

では、使う材料は何が良いのか?よく考えればわかることです。

今の家は自然の家ではない・・・

今の普通の家づくりでは90%以上が仕上げにビニールクロス、異常ですね。人の健康、地球へのダメージ減少、こちらを優先させないと家創りは・・・

image原発問題もそうですが、何か根本的な考えが抜け落ちると良い方向にはいかないと思います。

何が本物なのか⁉︎真実なのか!賢い方は考えています!

無知は罪です・・・

これは家を建てる側の業者にも発注する側のお施主様にもあてはまります。

お気をつけください。