湿気と湿度の関係!
これを知れば部屋の中は快適にすごせます。

日本の家は新築一戸建て、
マンションも含めて、

部屋の環境に気をつけないと、
部屋の中に湿気をため込む状態となります。

これはいけませんね!

部屋の中の湿気、湿度が常に高い状態だと、
ダニやカビなどが繁殖しやすい状態になりやすい!
というリスクを負う事になります。

 

湿気と湿度対策!

これは日本の家造り、
部屋の中で解決しなければならない重要事項です。

そして埃と湿度の関係!

簡単に考えがちですが
家を建てる場合やリフォームをお考えであれば、

かなり大事な部分と考えた方が良いです。

何かしらの湿気対策を部屋に設けておかないといけません!


湿度の問題で夏はベトベト、
冬はカラカラなんて家にはしたくないですよね。

 

今の家は湿気と湿度の関係は無視!

image84

しかしながら、

今の普通の家創りは、ビニールとツルツルの建材のオンパレード!
部屋の中の湿度を調整する機能は
持っていない内装材がほとんどです。

イメージとしてはビニール袋の中に水分が入り込むと、
いつまでも袋の中は水分が抜けない・・・

つまり、湿気が多いと湿度が溜まりやすい、
湿度が高い状態がいつまでも続くということです。

 

まるでビニールハウスの家!

日本の家の室内はこれと同じという事。

 

今の日本の部屋の中は湿気が
たまりやすいということなのです!

すると、湿気のたまりやすい季節には
除湿対策が必要ということになります。

部屋の湿度問題には換気も対策の一つですね。

いきなりですが!
ごめんなさい、ここからちょっと話はズレます。

カナダは一年通して、湿気がとても少ない!

image

日本は四季がはっきりしていますから、
季節ごとに湿度は変わります。

しかしながら、
カナダでは湿度の変化が比較的少ないのだそうです。

では、湿気が少ないと家の中、
部屋の中はどのような事になるのか?

湿気が少なく湿度が低いと、
埃に含まれる水分も少なくなり、

わずかな風が吹くだけで、
家の外に埃は飛んでいきます。

家の中、部屋の中にホコリたまりずらいということです!

逆に湿気が多く湿度が高い状態だと、

埃が水分を多く含むことになります。

結果、埃は重くなるために
床へどんどん溜まっていきます。

湿気が高いことが原因で埃がたまっていくということです。

湿気が少なく湿度が低いカナダでは
床に埃があまりたまらないということ。

そして、埃が床に溜まらないので、
掃除の回数が非常に少ないそうです。

 日本は湿気が多く、湿度の高い季節は床に埃がたまりやすい

image

 

日本の湿度は冬を除いては

比較的高い状態が続きます。

そのことから、毎日掃除をしっかりしないと、
どんどん埃が床にたまっていきます。

 

湿気の多い季節は特に埃がたまりやすい、
逆に乾燥している季節は湿度が低いので、埃がたまりにくいということですね。

 

日本の部屋の中は掃除をまめに行わないと
ハウスダストの原因を作る事になります!

 

埃は体内に大量に取り込むと、身体に影響がでますので、
埃などのハウスダストは、日本の住環境では大敵といえます。

 

毎日の掃除は家のためにも、
身体のためにも大事ですだということです。

 

掃除の頻度が少ないカナダ、なんか羨ましいですね(笑)

 

 湿度の調整は大事です、ではその方法は?

image

日本の普通の部屋の中では、

室内の湿度を気にして生活したほうが良い環境を作り出せます。

 

人の身体によい湿度は40%から60%といわれています!

 

そして湿度が高いとアルミサッシ、
ガラスなどに結露が起こるのです。

その結果、カビが発生します。
そして、ダニの繁殖にもつながります。

 

では、どのように湿度を調節すれば良いのでしょう?

 

実は除湿機、換気により
強制的に湿度を下げなくても方法はあります。

その他の方法としては
室内の内装材を、湿度の調整をしてくれるものにすれば良いのです。

そんな材料があるのです!

湿度を調整する内装材がある!

 

「湿度を調整してくれる内装材?」

Q 「そんな内装材あるの?」

A 「あります!」

昔の家は部屋の内装材に木や紙、塗り壁を使用していました。
このような自然の素材、は多かれ少なかれ湿度の調整をします。

「多かれ少なかれと」いう表現を使いました。

一つの例として木で説明いたします。

images (1)

実は木は何でも湿度の調整はしないのです。

木の丸太からフローリング等の板を採ると
「柾目」と「板目」二種類になります。

 

「柾目」は湿度の調整をしてくれます。湿度対策には最適な板です。

対して「板目」は湿度の調整はあまりしてくれません。

 

同じ木から採れる板でも、
性能はまるで違うのです、不思議ですね。

 

自然素材は湿度の調整をしてくれる

ビニールやツルツルのフローリングは、
まったく室内の湿度の調整はしませんが、

自然素材を使用すれば湿度の調整をしてくれます。

室内を、適度な湿度を保ってくれます!

image23

そしてその自然素材も厳選していけば、
さらに湿度を調整する性能が上がっていきます。

厳選した自然素材を選べば、
という条件はつきますが

機械的な除湿機や換気扇を使用しなくても、
「湿度の心配は必要ない!」ということです。

電気代も節約できますから、家計にも優しいですね!

良質な自然素材を使用して、
湿度の心配が無い家をお求めください。

柾目の木材が湿度を調整する理由 ← はコチラのリンクをどうぞ!

カテゴリー 住環境は大事