各部屋の広さをを考えます

これも住環境の重要な要素になります

 

もしかしたら、狭いほうが「便利」という人もいるかもしれません

しかし、快適性を考えれば、ある程度の広さは必要です

 

例えば欧米では部屋の広さに最低限の基準があります

寝室は10畳以上、それ以上ないと寝室として認められないとか

 

日本では部屋が狭くても居室として認められます

しかし、欧米では個室としては認められません
それは、人は狭くて窮屈なところでは生活してはならないということ!

 

一度、寝台列車に乗ったことがあります、札幌から上野まで走る『北斗』です

体は伸ばせるんですが、狭かったですね・・・

 

寝台列車で寝るのと、キングサイズのベッドで寝るのと、どちらが快適?

聞くまでもありません

 

トレンディードラマや欧米の映画に出てくる部屋は、すっきりしてませんか?

何故でしょう?

それは、物を置いてないからです

そして、部屋が広い!

 

モデルハウスも同様、生活感がありません

 

それに比べて日本の家は、物が散乱しています!

実際に狭いところに物を隠さず置くので無意識に不快を感じます

 

すっきりしてる部屋とそうでない部屋、瞬間的にわかります

 

どこに何をしまうか、置くのかを

しっかり計画して家創りは進めてください

 

部屋の大きさは自分の持っているもので決まるという事です

 

以上の点に気を付ければ、掃除もしやすくてスッキリ生活できます

今のあなたの家でも、住環境を良くすることができます

 

まずはできるところから、ですね(^.^)