「もみの木の家」で使われる内装材

もみの木は化学物質を分解します!

 

家の中に使われている新建材の化学臭を分解してくれるのです。

 

『もみの木の家』で使われる「もみの木」

建材の原料はドイツ・シュバルツバルトの黒い森からやってきます。

 

ドイツで伐採された原木をコンテナに詰め、

日本に輸送され建材に加工されます。

 

これらの『もみの木』は植林された木ではありません!

 

森自体が自然体系まかせの天然更新の森なのです。

 

伐採される樅の木はなんと!樹齢300〜500年‼︎

 

もみの木は真っ直ぐに伸びていきます。

樹齢も長く、森の高さより木は大きく育っていきます。

 

その為、大きく育ったもみの木は

落雷や災害等により倒木する危険が伴うのです。

 

結果、倒木したもみの木は森林を傷つけることになります。

 

この倒木を防ぐために、森林保護官が伐採する木を選定し、

年間伐採量が決められ計画的に伐採しています。

 

その為、もみの木の建材には数に限りがあるのです。

 

もみの木の建材は年間に新築戸建で

300棟ほどの供給量しかありません。

 

貴重な樹であることは間違いありません。

 

これらの建材を数少ない工務店で分け合っています。

それだけ貴重な建材ということです。

 

しかも化学物質を分解する効果がある!

 

実はもみの木には化学物質を分解するだけでなく

他にも様々な効果があるのです。

 

それは!

よろしかったら一度・・・