新築一戸建てを計画する際、

オール電化や掃除のしやすさなどのことから、

日本ではIH調理機器が人気です。

 

実は!

調理機器には、大きな問題があるのをご存知ですか!?

 

IHクッキングヒーターの取り扱い説明書を読むとわかりますが、

IHの電磁波の身体への影響・問題については

注意書として、しっかり記載されています。

 

IH調理機器の電磁波、

本当に人への影響はないのでしょうか?

 

IHに変わる安全なクッキングヒーターがあるとしたら!?

 

実は、日本のIHクッキングヒーターからは

国際安全基準の16倍もの電磁波が出ています。

 

ih

 

その為、電磁波による心配から

 

アメリカやヨーロッパではIHクッキングヒーターは

あまり普及していないのが実情です!

 

IHのような電磁波の心配が要らない

クッキングヒーターがあるとしたらどうですか?

 

それどころか、遠赤外線効果により料理が美味しくなる魔法のクッキングヒーターです。

よろしかったら一度・・・

それは、ブログの後半で紹介しますね!

 

WHOも認めたIHの電磁波の問題

 

IHが欧米では普及しない理由、

 

それは、WHOや国が

image

「電磁波が人体の健康を損なう可能性がある」

と認めているからです!

 

2005年には「電磁波過敏症」

の存在を正式に認定しました。

 

 

電磁波の影響を考慮して、

アメリカの特定の州では、送電線の400m以内には

学校などの施設が新たに建てられない規定もあります。

 

それだけ海外では電磁波に対する意識が強いということです!

 

IHの電磁波は体に影響を及ぼす!

IHクッキングヒーターを台所で使用する場合、

ちょうどお腹のあたりが調理器の高さになります。

 

妊婦さん、胎児への影響も心配です!

 

image

 

母親の近くにいたがる子供にも

電磁波を浴びる危険性がかなり大きいといえます。

 

携帯電話が普及しだした頃には、

電磁波の問題が大きく取り上げられていました。

 

しかしながら、ここ最近は報道されません。

 

自己防衛しか手段がない!

 

住環境の中にも多くの電磁波を放つ家電品があります。

回避策としては、できるだけ近づけない。

 

という自己防衛しかないのです!

image

 

日本人の危機意識のあまさが

電磁波の普及を促進させ、規制を遅らせています。

 

IHクッキングヒーターの電磁波は、40~2000mG!

 

これは、ヒーターから2m以上離れると安全であると言われています。

 

この距離を保ちながらの調理は・・・

 

ガス、IHに変わる調理機器の選択肢とは!

 

ガスは火が心配!

IHは電磁波が不安!

 

ではどうしたら良いのか・・・

 

「遠赤外線クッキングヒーターDGH」

というクッキング機器があるのをご存知でしょうか?

 

image

 

ヨーロッパでは主流の機器になります。
日本では一般的には知られていない調理危機です。

基本的に熱源は電気なのですが、
IHとはまるで違う人体には安全な加熱機器といえます!

 

遠赤外線クッキングヒーターDGH(スーパーラジエントヒーター)

 

見た目はIHに似ていますが、中身はまるで別物!

 

IHクッキングヒーターの電磁波は、40~2000ミリガウス。

それに対してDGHは3.5ミリガウスです。

 

この数値はWHO(世界保健機構)の安全基準をクリア!

 

image

 

遠赤外線クッキングヒーターDGHは

低電磁波なのです。

 

ペースメーカーや補聴器を使用している方、

妊娠されている方でも安心してご使用いただける機器といえます!

 

遠赤外線効果で料理が美味しくなります!

 

赤外線の生体反応に関する副作用は、

これまで報告されていません!

 

image

 

炭火焼き、石焼きで代表される遠赤外線は、

クリーンで安全なエネルギー!

 

遠赤外線で調理するクッキングヒーター

IHの電磁波が気になる方は、

 

スーパーラジエントヒーター

(遠赤外線セラミッククッキングヒーター)

 

を検討してみてはいかがでしょう?

 

使用方法はガスとほぼ同様なので安心

IHクッキングヒーターは、

パネル面を手で触っても熱くありませんが、

 

遠赤外線クッキングヒーターDGHは

ガスと同じようにパネル面は熱くなります。

 

つまりガスと同じ感覚で調理ができるというわけです!

 

これまでガスをお使いの方も、操作などで悩むことはありません。

 

image

 

特殊な操作はありませんので、

安心してお使いいただけます。鍋を振る料理も今まで通り!

 

IHは専用の鍋を買い揃えないといけませんが、

スーパーラジエントヒーターにはそのような心配はいりません!

 

ホーロー・アルミ・ガラス・銅などなど、

底が平らで耐熱性のものであれば、何でも使用できるのです!

 

image

 

今お使いのお鍋をそのままお使いいただけます。

当然ながら、ガラストップなのでお手入れも楽々!

 

熱効率が良く、余熱料理もできるので経済的!

 

ガスコンロの熱効率が約40%であるのに対して、

DGHの熱効率は約75%にもなります。

 

熱効率が格段に良いということ!

 

また、スーパーラジエントヒーターは、

ガスやIHと違い余熱料理ができるのも強みなのです。

 

余熱料理は、無駄な熱を加えることなく調理するため、光熱費を節約できます!

 

image

 

余熱料理は、強火調理の後ならば、

目玉焼き・スクランブルエッグ・ハンバーグソースの煮込みなど。

 

弱火料理の後ならば、

汁物やシチューの保温も可能です。

 

image

 

水を入れたやかんを置いておけば、60度くらいのお白湯ができます。

 

換気扇が汚れにくく、お部屋の空気もクリーン

 

スーパーラジエントヒーターは、

ガスと違い上昇気流の発生が少ないのが特徴!

 

油煙による壁や換気扇の汚れが少なくなります!

 

また、燃焼によるCO2,CO,NO2,水蒸気なども発生しませんので、

お部屋の空気を汚さないのです。

 

酸性体質を食から改善

 

本来、私たちの体は弱アルカリ性を保っています。

 

しかし、現代の食生活は、

肉や魚、乳製品を多く食べていることから

酸性に傾きすぎています。

 

遠赤外線クッキングヒーターDGHは、

遠赤外線の働きで、調理した食品をアルカリ性に変化します。

 

DGH250_5

 

中性の水道水を沸騰させることで

アルカリ性に変える事は実験済みで、確かに水の性質を変化させます。

 

遠赤外線クッキングヒーターDGH(スーパーラジエントヒーター)の特徴、まとめです!

 

1.鍋を選びません!

鍋底が平らなものならどんな素材でもOK!

 

2.ガラストップでフラットなので掃除も簡単!

部屋も汚さずクリーンな快適性

 

3.左右ヒーターは13段階の火力調整、

中央ヒーターとロースターは3段階の火力調整が可能

 

4.1分~6時間までの選択式調理タイマー付!

(ロースターは20分まで)

5.140℃~200℃

7段階で選択した温度になるとランプとブザーでお知らせします。

(揚げ物温度コントロール)

 

6.ワイドロースター両面焼き(上:750W,下:650W)

ハイパワーの両面同時通電!

ロースタードアは受け皿から取外せて掃除も楽々!

 

7.トッププレート3口同時使用可能!

(中央ヒーターとロースターの同時使用は不可)

 

8.各ヒーターとも火力調節つまみを押しただけでは通電しない安全設計

(セーフティスイッチ)

 

9.約1時間何も操作しなければ

自動的に通電ストップ(切忘れ防止機能)

 

10.自動的にヒーターが切れたりついたりします。

(過熱防止機能)

11.トッププレートは各ヒーター別に、

通電中及び通電OFF後もトッププレートが熱い間はランプが点灯します。

(トッププレート3口独立型高温注意ランプ)

 

12.遠赤外線効果でおいしい料理ができます。

煮る・炊く・蒸す・焼く・炒める・揚げる etc…

 

13.余熱料理ができてとっても経済的!

 

14.ユニバーサルデザインで操作が簡単!

 

15.低電磁波の安心設計

 

IHのような電磁波の心配は要りません。

それどころか、遠赤外線効果により料理が美味しくなる魔法のクッキングヒーターです。

よろしかったら一度・・・

カテゴリー 調理機器