間取りを変更したり、

今の生活パターンに合わせたリフォームを考えた時に大事な事、

 

それは!

片付けと収納の関係にあります。

 

片付けと収納には密接な関係があるのです!

 

リフォームと片付けの関係とは

 

リフォームは新築と違って、限られたスペースを利用して居住空間を作っていきます。

増築しない限り、当然ながら居住空間の面積は増えません。

 

という事は!

 

居住面積に合わせて物の整理が必要という事です。

部屋のキャパに合わせて物の片付けをしないと、

部屋の中に物が溢れていきます。

 

物が収納できていないという事です!

 

これは問題です。

 

せっかくリフォームして、部屋の中は綺麗になったのに、

結局部屋の中は、物に占領されているのでは何の意味もありません。

 

収納計画をきちんとたてる!

 

内装の仕上げやインテリアももちろん大事ですが、

リフォームをするためには何を何処に収納するか!

 

を、しっかり収納計画しないとリフォームは失敗します。

 

収納を一番に考えないと

住まいの環境は良くならないという事なのです。

 

必要のないものは整理しないと・・・

 

そしてこれに合わせて、不必要な物は整理していく事です。

 

「寝るには畳一畳、食事をするには畳半畳あれば事足りる」

 

こんな言葉もあるように、

自分の身の丈に合わせた生活が大事なのではないのでしょうか?

 

むやみに物を買わない!

 

今の日本は豊かになりすぎて、

物の価値が判断できないようになっています。

 

100円ショップには何でも売っていますが、

それが本当に使う物なのか、よく判断して買い物はするべきでしょう。

 

身の回りにある物で使っている物は必要な物と判断します。

使っていない物は不要な物です。

 

本当にそれを使っているのか?

 

要る物、要らない物で判断すると処分に悩みますが、

使っている、使っていないと判断すればどうでしょうか?

 

考え方を変えて、シンプルに物を持たない生活を始める事で、

新しい風が吹いてきます!

 

物をスッキリさせる事で、収納にも余裕ができます!

そして心にも余裕が!

 

そんなシンプルな

「物を持たない暮らし」初めてみてはいかがでしょう。

 

カテゴリー リフォーム