あなたの家作り

実は、選ぶ事すらできずにフローリングの種類を決められている事実に気づいてますか?

 

本当は沢山種類のあるフローリング、

何の説明もなく工事会社さんに決められています!

 

機能重視でお安いフローリングを

工事会社が勝手に押し付けているのです!

 

それをわからずに沢山種類があるにも関わらず・・・

 

皆さんは、フローリング材が何のためにあるのか考えたことがありますか?

実はフローリングには機能と効果という二つの要素があります!

 

実は機能と効果はまったく違います。

 

「そりゃ、床の仕上げ材の種類でしょ!」と考えるかもしれません。

 

多くの方はフローリング材が何の為にあるのか?

本当にそのフローリング材で良いのか?

 

を考える事がないまま、内装材のフローリングを決めてしまうのです。

実はこれには重大な原因があります!

その理由とは何でしょう?

これを知ると・・・

フローリングの選択肢が無い!

それは、フローリングの選択肢を作り手側が与えないまま、

内装材のフローリングを決めさせてしまうからです。

 

「自社の標準品ですから!」

この一言しか言わない建築業界の風習に問題があります。

 

選べるのはフローリングのカラーだけ・・・

何も知らないと、選ぶ権利が無くなるかもしれません。

それを避けるためには!?

 

フローリングは何のためにあるのか?

image

今まで生きてきて、初めての質問かもしれませんね!

確かに床の仕上げ材である事は間違いありません。

 

では、あなたの想うフローリングとは何でしょう?

掃除のしやすさ、手入れが簡単、傷がつきにくい等ですか。

 

もし、そうだとすれば家の中で住むための

フローリングの機能面しか考えていない事になります。

 

ではフローリングの効果といったところで考えた事がありますか?

 

機能と効果の違いが解らないと、

フローリンが何のためにあるのか迷うかもしれませんね。

 

でも、しっかり理解すれば・・・

 

機能と効果はまるで違います!

06

 

今最も日本の家で普及しているフローリングは機能重視で作られています。

では昔主流だった無垢フローリングと呼ばれるフローリングはどうでしょう?

 

こちらは様々な効果が期待できます!

それは本物の木だけが私たちに与えてくれる恩恵といっても良いかもしれません。

 

自然からのプレゼントと考えてよいでしょう。

 

まず足裏で感じる温もり、

家の中を無臭に保つ効果、森林浴ができる室内空間等です。

 

これらが説明される事なく、勝手にフローリングが決められてしまうとしたら、

あなたはどう感じるでしょう。

 

フローリングを選べない!?

 

フローリングの種類を理解した上で、

何を選ぶかは人の価値観が決める事です。

 

しかし、知らずに選ばされるのは嫌ですよね。

そこで、各フローリングの機能と特徴を理解した上で選択する事をお勧めします。

 

何を選ぶかは建主さんの価値観次第!

 

多くの建設会社は建主の立場で考える事無く、

建てる側にとって簡単だから、安くできるから提案している事が多くあります。

 

実は家のフローリングには他に選択肢があるとしてたら?

 

フローリングの説明があり、納得した上で建主さんがどちらを選ぶかは、

それぞれの価値観がありますから自由だと思います。

 

しか、選択肢がないまま選ばされているとしたら・・・

 

知恵をつけて自分に必要なフローリングを選択してください!

 

詳しくはこちら→フローリングは3種類に分けられています!