松戸市には数多くのマンションがあり、

築30年を超えているマンションも少なくありません。

 

松戸市内の新松戸地域だけでも

築30年を超えるマンションは一万戸近い状況です。

 

住民の平均年齢が60歳を超えるマンションも多く存在し

高年齢化の問題も出てきています。

 

10年後には松戸市内でも

平均年齢65歳を超える地域が多々で始めるとの事です。

マンションリフォームで高齢化に対応!

DSC_0594

松戸市では、築年数が経ったマンションをリフォームして、

高齢になっても元気で快適に過ごしやすい街づくりをしていく時期に入ったという事です。

 

平均寿命も伸びた現代ですから、

退職後も安心に暮らせる住環境が大事になってきました。

 

ニーズはいろいろあるかもしれませんが、

身体の自由がきくうちにマンションリフォームする事で、

長く使える住まいへと更新させる必要があると言えます。

 

マンションを大々的にリフォームするには体力、気力が必要となります。

体力のあるうちに、リフォームを行う必要があるのです!

 

松戸市の古いマンション家族構成を考える

 

syoui

 

1.多くの世帯主は60代前後の団塊の世代である

2.子育ても済み、家族構成も変わり夫婦二人の生活に変化

3.定年を迎え、老後の高年齢生活に備える、住まい内をバリアフリー化を考えている

4.お風呂、キッチン、洗面化粧台等設備機器の老朽化。

 

体力のあるうちが、マンションリフォームのチャンス!

 

私たちは新松戸で

こだわりの強い団塊の世代に向けて、

自然素材で快適に暮らせる高齢化に対するマンションリフォームを提案したいと考えています。

 

f5dbcb9c8ee791ee519191e527b955a7_m

 

変化した家族構成に合わせた間仕切り変更を伴う

マンションリフォーム工事は新松戸市内でも高いニーズがあります。

 

これは一戸建てに例えると家の建て替えにあたります。

という事は、住みながらの工事は無理なんです。

 

すると引越しの準備や家の片付けと体力を多く使う事になります。

もちろん打ち合わせにも労力を使います。

 

タイミングを逃すと・・・

 

高齢になる前の体力のある時がマンションリフォームの時期、

タイミングなのです。

311228a4992d48ff0d4b5209933e6e77_m

 

このタイミングを逃すと、マンションリフォームしたくても、

気力も体力もなく、リフォームができなくなります。

 

古いマンションに住み続ける事で、

体や精神的にも質の低い生活になりがち。

 

そうならない為にも早めのマンションリフォームが必要と言えます。

 

内装材には自然素材、その価格は!

 

リビング・和室

 

新松戸市内で、

自然素材の内装材を専門で扱うリフォーム業者はあまりいません。

 

マンションリフォームで健康に配慮した

住まいづくりを提供している工事業者は限られてきます。

 

当社では、マンションリフォームの内装材に

自然素材を採用し、松戸市新松戸地区を中心に活動してきました。

 

産地にこだわった内装材は現地より直接買い付ける事により、

良質な材料の仕入れとコストダウンを行っています。

 

自然素材を使いつつも、通常の建材と比べても

リフォーム費用は1割アップ程度の工事費に抑えています。

 

マンションリフォームの間仕切り変更には設計が必要

間仕切りを変更するマンションリフォーム工事には

高い設計力、プランニングが要求されます!

 

当社では一級建築士がプランニングを行います。

他のリフォーム会社さんでは資格を持った方がプランニングを

行っているのかは分かりませんが・・・

 

image

 

建築士が設計を行う事で、

お客様の望むもの以上の提案を行うことにより、

顧客満足度を上げてきました。

 

完成した住まいは健康に配慮された自然素材で仕上げ、

室内の空気環境も良好です。

 

本物の木のフローリングの足触りは

引き渡し後もお客様には好評で大変喜ばれています。

 

高齢に対応したマンションリフォーム、よろしかったら一度・・・