キッチンリフォーム

お奥様た特別なこだわりを見せる方が多々います。

しかし、こだわりが多いからこそ、意外な落とし穴が存在するのも事実です。

せっかくのキッチンリフォームで後悔しないように、ここでは良くある注意点をご紹介します。

すべての方に当てはまる訳ではありませんが、後悔しない為には注意が必要という事です!

そのポイントとは!?

注意その1|将来のことも考えてキッチンリフォーム

小さなお子さんがいる場合は、子供に合わせようとついつい現状に目を奪われがちになってしまいます。

しかし子供の成長は意外に早く、お子さん用に対策したものが数年後には、不便さのもとになってしまうことがあります。

現状の事にだけ目を向けず、将来を備えたキッチンリフォームの計画が必要という事です。

注意その2|皆で料理をしたいのに!?

数人数でキッチンを使用する可能性がある場合は、キッチンを何人の人が同時に使用するかを考えることも、キッチンリフォームをする上で考えなければいけません。

数人が同時に使用してもスムーズに作業が出来るようなスペースを確保し、誰がどの部分を良く使うかなどの使用頻度も確認することも重要になってきます。

キッチンを使用する人が気持ち良く料理をできる形を考えましょう。

注意その3|家電の買い替えも考慮しないと

現状持っている家電に合わせてリフォームをすることで意外な落とし穴が存在します。

例えば今の冷蔵庫のサイズに合わせて3方向を囲んだ為に、大型冷蔵庫に買い替えることが出来なくなってしまった等です。

家電は必ず買い替える時が来るという事を考えないと、買い替えの時期になって、欲しいものが購入できなくて後悔する事になるかもしれません。

家電を買い替えても、しっかり対応できるようなリフォーム計画も頭に入れておくことが重要です。

注意その4 |L型キッチンの落とし穴!

I型のキッチンをL型のキッチンにリフォーム!コンロは巾広3口タイプのものにして、シンクも大きなサイズに変えて、いざ使い始めたら!

実際に使用してみると作業スペースが狭く使いづらいという結果に!?

L型はキッチンは作業効率は良いのですが、作業スペースは狭くなってしまいます。

I型に比べ全長は長くなるのですが、L型はデッドスペースが出来やすいという特徴があります。

後悔しないようにキッチンのタイプを選ばないと、このようなケースになりがちです。

L型キッチンはコンロやシンクを大きくする際には作業スペースの確認をしてから決めてください。

注意その5|高齢の場合は身体的な事に注意

高齢の方がキッチンを使用する場合は、筋力の低下や体が不自由になることを考える必要があります。

開閉に力が必要な収納は避け、高い位置に設置する収納スペースも避ける等、安全性を重視したリフォームが大切です。

また、高齢の方の場合は手元や足元が見えにくくて思わぬ事故に繋がるという事で少なくありません。

照明を明るくしたり、常に安全という言葉を忘れないようリフォームする必要があります。

 

ケース別に考えてキッチンのリフォーム計画は必要という事ですね!

 

何れにせよ、後悔しないキッチンリフォーム計画が必要です。

カテゴリー キッチン