寝ている時間はパワーチャージの時間です。昼に働いて疲れた身体を休めるためには空気環境が大事になります。その空気環境とは何か?

体が休まる環境が必要という事です。皆さんが感覚的にわかっている事、森林浴やマイナスイオン等の効果です。

その効果を家の中に取り入れる事ができるとしたらどうでしょう。しかも、手をかける事なく半永久的にその効果があるとしたら!

そのような家があったら理想的ですよね。

木の家にはそのような効果が期待できます。しかしながら木なら何でも良いというわけではありません。

木は乾燥させなければ内装材として使う事はできません。この乾燥の仕方を間違うと木の効果は発揮できません。

天日干しでゆっくり自然の力を借りて乾燥させなければ効果は得られません。

自然の物は自然の力で工程段階を組む必要があります。

現代はスピード勝負ですから、機械に入れて高温で強制的に乾燥させます。これでは木の細胞が死んでしまうのです。

木の細胞が死んでしまうと森林浴効果はありません!

ゆっくり休む寝室には自然素材の木が良いという事です。しっかり自然乾燥させた木の内装材を使えば寝ている間にパワーチャージできます!

部屋の環境に+αの効果を期待するならば、デザインやカラーも良いですけど自然の力が必要です。内装材の選択は大事なんですよ!

カテゴリー 住環境は大事