私達の家づくりでは一歩下がった家づくりと言えるかもしれません。それは、現在の家づくりで主流の内装材である新建材を使わないからです。新建材とはビニールや接着剤、石油を原料とする仕上げ材の事です。建売住宅、大手ハウスメーカーさんが好んで使用する標準品です。

どうして私達は一歩下がった家づくりにする事を決めたかと言えば、新建材が良い物とはいえないからです。石油を原料としている時点でエコとはいえませんし、完成された新建材もエコではありません。

しかも部屋の中に使う事により、新建材からでる化学物質が部屋の中に充満します。いわゆる新築の匂いです。新築や新車の匂いは化学物質の匂いと考えたほうが良いです。この化学物質を身体の中に取り込み続けると健康に被害が出る事があります。

シックハウス症候群、化学物質過敏症等の病気です。

実際に被害に遭われている方に何人も会っています。症状は様々です。花粉症も人によって症状は様々ですよね。それと同じ事が家が原因で起こるかもしれないという事実を知っていたら、新建材を使う事はできません。

人や家族が楽しく過ごせる場所が建材の種類で全く違う環境に変わってしまうという事は恐ろしい事です。

このような被害が出ないように、内装材には本物の木や紙、土等を利用した材料を厳選して家を作っています。新建材が無い時代に使っていた、自然界に存在する物を原料とした材料です。それらを、適材適所に使用する事により、家の中の環境は安産に保たれるのです。

私は小さい頃からアレルギー持ちでした、今考えれば家が原因という事もあったのかもしれません。実家は新建材だらけでしたから。

一歩下がった家創り、自然素材の家をこれからも創り続けていきます。信念が無ければ、良い物は人に勧められません!これが私達が導き出した、家に対するこたえなのです!