都内ではマンションがまだまだ建ち続けていますね。

この傾向から見ても、マンションのリノベーション事業は今後伸びていくと推測されます。

特に築20〜30年のマンションは駅からの距離が近い等、

立地条件が良い等メリットがありますので、建物全体の修繕計画がしっかりしている中古マンションは需要があります。

 

しかし、専有部分の設備機器や内装仕上げは限界があります。

リフォーム、リノベーションの時期がきますね、

 

この設備機器と内装材をしっかり直せば快適な空間が手に入り、立地も良しとなれば、新築のマンションより魅力的と言えます。

あなたは新築のマンションと中古マンションでのリノベーション、どちらを選びますか?

 

私は中古マンションでのリノベーションを選びました。毎日が快適ですよ!