住宅を計画するに当たり、気をつけなければならないことがあります。どの雑誌を見てもネット情報を見てもこんな事が書かれています。

それは、「多くの情報を集めて、あなたにあったハウスメーカー、工事業者を見つけてください」というキーワードです。

これから言う事は一般的ではないかもしれません、だからこそ大事な事なのです。

正直、こんな事は一般の方には不可能です。今まで家の事に何も関心のなかった人が、多くの情報を集めても頭の中が逆に混乱するだけです。

では、どうすれば良いのか?

まずは自分の家に何を求めているかを考える事です。

私たちの家づくりは、健康に配慮したアレルギーになりずらい、空気の美味しい家を作る事を第一に考えています。材料にも厳選した自然素材を使用します。という事は材料選びにあまり選択肢はありません。究極を突き止めるとこういう事になるのです。当然、工事金額も少しですが値がはります。

となると、設備や構造ばかりを考えている人や安い家、金額重視の家を作りたい人には不向きな家づくりと言えます。

つまり、家に対する自分の考えをまとめないと、業者は決まらないという事です。考えなしにショールーム巡りをしても、何を基準にショールームを見るのかが決まらないので無駄な時間を過ごす事になります。

本当のプロであれば、お客様の希望に合わせた提案をしてくれます。何でもできますよ!という業者はあまりお勧めしません。

何でもできるから、何でも言ってくれと言っているようなものです。結果、全ての判断をお施主様に押しつけてきます。最終的に問題が出ると

「それはお客様が決められた事です』という逃げ口上が出る、落とし穴が待っています。

自分たちの思いをしっつかり受け止めてくれて、家創りに信念がある業者さんが、あなたの希望を叶えてくれる業者さんと考えるべきですね。すると自分たちで考える事は減る筈です。同じ想いで家づくりができれば必ず家づくりはうまくいく事でしょう。