家を買う、住まいを買う、人生の中で大きな買い物です。だからこそ、慎重に進めなければならないのです。

「家を買うぞ!」

これは大変な事です。

キャッシュで買える方にはリスクは少ないかもしれませんが、住宅ローンを組んでの購入となると考えは違います。気軽に住宅ローンと考えがちですが、数十年に渡り借入額を返済しなければならない訳ですから、リスクはある訳です。

どうして家を買おうと考えたのでしょう?

結婚や家族が増えた場合に考えるのが家の購入時期と考えても良いと思います。

住宅ローンを組む場合、ほとんどが団体生命保険に入る事になります。これは最悪の場合ですが、ローンを組んだご主人が亡くなった場合は家のローンは団体生命保険でカバーする事ができます。

ご主人の収入が無くなった場合でも家は残ります。これは残された家族からすれば、ありがたい事です。住む場所を失わずにすむ訳です。そして残ったローンは団体生命保険がカバーしてくれます。

家族のための保険と考えても良いと思います。

家を買うにはそれぞれ思いがあると思いますが、家族の保障と考えても良いと思います。皆が幸せに暮らす家は、家族の保障でもあるという事です。

家を購入するには、様々な思いがあるという事です。全ては家族のためですね。