27年8月から始まった築35年の一戸建てリノベーションが完成!

本日11月10日、新松戸のお客様が入居いたしました。

 

狭い仮住まいから解放されて、3ヶ月ぶりの我が家に戻り、私たちも一安心です。

 

一部、増築工事が絡んだ今回の工事、

9月の長雨に祟られ、なかなか基礎工事が進行せずに、後期も遅れがちになり、

何かと心配事の多い現場でしたが、

完成してみれば、それまでの苦労も良い経験となります。

 

一番の問題は、蹴上が大きく、踏面の寸法が小さかった登りにくい階段でした。

この危険な階段も、一新して登りやすい階段に改善されました。

 

実はお客様は、友人の方に

「木の階段は滑るから、止めたほうが良いよ」

とアドバイスされたようですが、

 

「そんな事はありませんよ。大丈夫です!」

としっつかりフォローしました。

 

今回ご提案した階段は本物の木で作ってありますが、滑ることはありません。

それには秘密があるのです!

 

特殊な加工を階段表面にしているために、滑ることはありません!

 

階段の素材や寸法はしっかりした計画を立てれば

登りやすく、滑らない、安全な階段となります。

 

毎日、上り下りする階段です。特に高齢になれば大きな事故につながる事も・・・

大事なところは特に入念に考え、アドバイスさせていただいております。

 

一般の方からのアドバイスも大事かもしれませんが、

毎日建築の仕事をしている情報量とは比べものになりません!

 

そこを踏まえた上で、しっかりプロからアドバイスを受けて

後悔しない家づくりを行いたいですね。

 

隣の奥さんの失敗話と、一級建築士の膨大な知識、どちらを信じますか?

という事です。

 

そんな住まいの手助けをさせていただき、本当にありがたく思います。

いつまでも、大事に住まいと付き合ってくださいね。