住宅会社の営業さんは建築のプロではありません!

契約のプロと呼ばれています。

ご存知でした?

 

現在の日本の住宅事情は、あまり良いとは言えませんね。

 

必要以上の構造、特殊な工法、過剰な家づくりに思います!

宣伝広告の為の「家づくり」に走り過ぎている感じがあります。

 

そこには、お客様の為というよりは、

いかに仕事を確保するか!!

という裏事情が顕著に表れています。

 

昔の家づくりに営業マンはいなかった

 

昔の家づくりには営業マンなんていませんでしたよね?

 

営業マンって何なんでしょうね?

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_m

あなたの家を作ってくれる訳でもないし、

設計をしてくれる訳でもない!

 

住宅会社の彼らは、どんな責任があって家を建てる

という重責を負っているのでしょうね?

 

家を建てるという事には責任がある訳です。

その責任を負っているのが建築士であったり、施工管理者であるのです。

 

でも、住宅会社の営業マンで建築の資格を持っているのは

ごく僅かな人です。

 

変な話だと思いませんか?

 

無免許運転の営業マン

 

資格の免許も無いのに建築の仕事をしている!?

これって車の運転に例えれば、無免許運転です・・・

 

医師も、弁護士も、責任のある仕事には資格が必要です!

皆、資格を持って仕事をいています。

 

でも家づくりの窓口、住宅会社の営業マンは資格を持って無い。

これでいのでしょうか?

 

問題ですね!

 

建築の資格が無いのに、住宅会社の家づくりの窓口は営業マンなのです。

 

image75

 

この傾向は大手住宅会社に多く見られます。

 

無免許運転の、家づくり営業マン

あなたな信用できますか?

 

営業マンの裏事情!

 

営業マンが理解している事、それは!

自社の家の事だけです。

 

image

 

逆に言えば、自社の家の事以外は何も知らない素人という事。

 

そして、彼らは家づくりが 好きで

営業マンをしている訳ではありません。

 

福利厚生、給与、待遇で組織を選び、その会社に就職しただけ・・・

と考えられませんか?

 

家を造る、技術屋では無いという事です。

 

本当に家づくりが好きなのであれば

建築士として設計屋になるか、

職人、もしくは現場監督等の第一線に立つ道を選ぶはずです!

 

契約のプロが営業マン!

 

住宅会社の営業マンの仕事は、契約を取る事にあります!

 

image

 

どうしてその住宅会社に決めたんですか?

「営業さんの印象が良かったから!』

 

住宅会社の戦略にまんまと、ハマった例といえます。

 

家は住宅会社の営業さんの性格で決める物ではありません!

自分の望む家を明確にしていないと、このような結果になりがちなのです。

 

家の決め手は、住宅会社の営業さんの性格やほほ笑み!

最悪ですね。

 

家に何を望みますか?

 

あなたは家に何を望みますか?

この意思がはっきりしていないのであれば、どの家を選んでも大差はありません。

 

ID-100349147

 

住宅会社の営業マンの性格で決めても構いません。

安く建ててくれて、営業さんの性格も良い!

良い営業の人に巡り合えて良かったですね、

家の性能や設計、性能はまったく解りませんが・・・

 

家は高い安いも、もちろんありますが、

家族の幸せを一番に考えるべきでしょう。

 

家族の幸せを住宅会社の営業さんに託せますか?

 

家族が増えた、結婚した、

家を建てるには、それぞれ理由があるはずです。

 

image

 

そしてどの理由も、家族皆が幸せに暮らす為の家を望んでいるのです!

 

そんな家族の幸せを

契約のプロ、契約を取ることが仕事の営業マンに頼めますか?

 

よく考えてください。

 

契約前の打ち合わせは、建築のプロと行うべきです。

家を建ててくれるプロフェッショナルと打ち合わせを行うことで

あなたの希望、家族の幸せに近づことができるのです!

 

image

 

営業マンのあり方、よく考えればわかることです。

皆さんが、素晴らしい家を完成できますよう祈っております!