住宅業界、ハウスメーカーの営業職って何なんでしょうね?

 

私は営業さんの仕事は単なる「イエスマン」と認識しています。

 

正直、彼らは建築のプロでも住宅造りのプロではありません。

建築の知識は浅く、家づくりの事はほとんど知りません!

 

この事実を知っていましたか?

建築の勉強はしていないという事です。

 

福利厚生が良いから、その会社に入っただけです。

 

建築の事で知っているのは自分が勤めている会社のパンフレット程度です。

建築に関する基礎知識は無いに等しいと言えます。

 

建築が好きなら建築設計事務所や

建築の最前線で技術を振るう職に就く事でしょう。

 

彼らは接客を選んだのです。

建築の知識も無いのに・・・

 

建築の基本は「建築基準法」という法律から成り立っています。

 

この「建築基準法」を熟知しているのは

建築士の資格を持っている人

 

そして、建築士事務所、設計事務所に所属していて

常に建築設計に従事している人と言えます。

 

工事をしているハウスメーカーや工務店の営業さんは

この「建築基準法」を見た事もない方々がほとんどです。

 

建築の事基本を知らないのに

家づくりの最前線でお客様と打合せしている・・・

 

恐ろしい事です!

 

彼ら営業さんは建築の業界では

契約のプロと呼ばれています。

 

つまり契約をするまでが営業の仕事と言えます。

契約を取るためなら何でもやります。

 

もちろんお客様の言う事は何でも聞きます。

何でも言う事を聞いてくれる「イエスマン」

 

これが営業の仕事・・・

 

これでは家づくりは成功しないのです!

その訳は、

 

一見「イエスマン」はいい人に見えます。

何でも言う事を聞いてくれて理想の家が作れそうですよね?

 

実は違います!

 

家づくりはプロ目線と

素人目線では全く違います。

 

お客様の要望が全て家づくりに有効に働くとは限らないのです。

理想と現実は違います。

 

本当のお客様の事を考える建築のプロなら要望に対して

「どうして、そうしたいのですか?」

という問いが必ずあるはずです。

 

この問いがないままに

お客様の要望を組み入れるようでは建築のプロとは呼べません!