某大手ハウスメーカーが

さも良さげなキャッチフレーズを掲げました

 

「三井ホー◯は健康住宅へ!」

 

正直、

?という感じです。

 

健康住宅にシフトしますよ!

と、言いたいのでしょうが

 

言葉の逆を返せば

 

「今まで健康な家は作ってきませんでした」

「今まで三井ホー◯で家を作ってくれた皆さんゴメンなさい、健康な家じゃなかったんです」

 

と言っているようなものです。

恥ずかしいですね。

 

ということで

どのような健康住宅にシフトするのか

ホームページをチェックしてみました。

 

正直、

呆れました・・・

 

まだまだ皆さんの事を騙し続けたいみたいですね。

 

健康住宅に基準が無いのは認めますが、

 

私たちが追い求めている「健康住宅」とは

あまりにもかけ離れていました。

 

木の特性、湿度の調整、空気環境の理解度。

 

まったく本来の健康とはかけ離れています。

 

木の特性一つにしても

「木は調湿します、湿度の調整をします。』

 

これは嘘です!

どのような木を使っているかにより、その特性は違います。

 

そもそも家のどの部分に

どのような木を使っているのかさえ解りませんしね。

 

イメージ、流行りに乗ってくる典型的なダメパターンです。

 

医者も認めた健康住宅だそうです。

本当でしょうか?

 

そんな医者には

間違っても診てもらいたく無いですね!

 

というか、どこの誰先生が言ったのか教えて欲しいくらいです。

 

残念なキャッチコピーは避けて通りたいものですね。

 

皆さんはこのキャッチコピーに騙されますか?

それとも信用しますか?

 

良くお考えください!

カテゴリー 新築一戸建て