今の日本の家づくりに必要なのは、
『こだわりの設計提案力』と『身体に害の無い空気環境』

住まいにブランドのように価値を求めれば、求める住まいは変わるはずです。

私達には住まいづくりに妥協できない二つの約束事があります。これらは私たちの住まいづくりの核とお考えください。

この約束事は、人が生活する住まいに関わる事であれば、揺らぐ事はありません。
その約束事は『こだわりの設計提案力』『身体に害のない空気環境をつくる』この二つ。

日本の家づくりは、工事業者の都合の良いようにできています。 いかに簡単に工事を進めて、多くの利益を残すか。
当然、材料は合理主義の化学物質が大量に含まれている安価な材料が使われているのが実情です。人の身体に悪影響を及ぼす事を知りながら、その材料を使い続ける。

身体に害のある空気を吸い続ければ必ず身体に影響が出てきます。私達はそのような材料を排除することを決めました。未来の子供達の為に。今、見直さなければ日本の住宅事情に未来はありません。