天然スイス漆喰Calk Wall、スイス・アルプスから生まれた天然本漆喰のご案内

IHではない、これからのオール電化「RH]。安全で使いやすい次世代型のセラミックヒーター。

【遠赤外線クッキングヒーター DGH】

RHの特徴

IHとのちがい

IHとは、電磁誘導加熱(Induction Heating)のこと。磁力線の働きで、鍋自体をヒーターのように発熱させます。
加熱コイルに電流を流し発生させた磁力線が金属製の鍋を通る際、鍋底にうず電流が生じます。このうず電流が、鍋そのものを発熱させます。

いっぽうRH(Radiant Heating)は、スイッチを入れて3秒でリボン状の金属片を赤く発熱させ、その下にあるセラミックを温めるという、
遠赤外線を利用した調理器具です。あらゆる素材の鍋に適応し、余熱料理にも適した経済的な仕組みとなっています。

近年、電磁波の危険性・有害性に関して、その可能性が注目されており、WHO(世界保健機関)でも強い電磁波は健康に影響をおよぼす おそれがあるという見方が強まり、2005年には「電磁波過敏症」の存在を正式に発表しました。

しかし、現代社会は電磁波に包まれた社会であるといっても過言ではありません。
住環境においても例外ではなく、ふと見まわすと電磁波を放つ 家電品の多さに唖然とさせられます。
現実的な改善策としては“できるだけ回避する”という、ごくシンプルな自己防衛しか方法はありません。

「遠赤外線クッキングヒーターDGH」は低電磁波なので、特にペースメーカー補聴器を使用している方、妊娠されている方でも安心して
ご使用いただけます。

あらゆる鍋に適応
そこがフラットなものであれば、どんな材質の鍋でも使用できます。
もちろんガラスポットでもお湯を沸かすことができ、 さらに、電源を切っても再沸騰します。

余熱で調理ができ、とっても経済的
強火料理のあとであれば、スクランブルエッグやハンバーグソースなどが余熱で十分おいしく仕上がります。ハンバーグも、片面を焼いたあと、 もう片面は電源を切って余熱で焼き上げる事ができます。中火・弱火のあとなら汁物の保温などに役立ちます。

ガスとほぼ同様の操作方法なので抵抗なく移行できます!
これまでガスをお使いの方も、操作等で悩むことはありません。RH特有の特殊な操作はありませんので、安心して移行できます。
鍋を振るお料理も今までどおりできます。

【遠赤外線クッキングヒーター DGH】各機能説明