無臭の家とは、どんな家なの?

1月はお年賀のご挨拶でOBのお客様の家を尋ねることになります。その中でいつも思うことは、どの家も無臭であるということ。もみの木の消臭能力の凄さが再確認できます。

通常の家だとどうしても固有の独特の臭いがついていきます。

ツルツルの素材!ビニールクロス、ウレタンフローリングの表面に臭いが蓄積されていきます。付着されていくと言うことですね。掃除が簡単だから、と言いますが実は臭い成分は取れていないわけです。

t02200165_0800060012737197662それに比べてもみの木やスイス漆喰は臭いを分解しますからいつまでも部屋の中はクリーンに、無臭に保たれますね!

新築のモデルハウスで新築の臭いは化学物質の臭いです。本当に自分の身体にあっているのか感じてくださいね。頭で考える必要はありません。新築の臭いで気分が良くなる人には解らない話かもしれません。

しかしながら、新築の臭いが嫌だ!と感じる人には解る話かも知れません。とにかく自分の嫌なものは近くに寄せないことが大事ですね。病気の元になりかねませんから。

関連記事

  1. カードを入れる木箱を発注!職人技が光ります。

  2. どうして「もみの木の家」なのか!?不思議な効果が沢山あるから…

  3. 「もみの木」は、はるばるドイツからやってきます!

  4. 実験です!|これが「もみの木」湿度の調整の証拠なんです。

  5. マルサ工業さんが製材する、もみの木の内装材とは!

  6. 化学物質を分解する建材「もみの木」|その建材の価値とは?