畳は既製品はありません、全て職人さんのオーダーメイド

畳の寸法を図るには畳の納まる場所を開けなければいけません。大量の材料や道具がおいてあると、畳の寸法が測れませんん。

最悪の状況といえます。

何も無いところでないと寸法は測れません・・・

こんな感じで採寸、寸法を取っていきます。実は畳は全てがオーダー品、決まった寸法は無いんです。

そして当社が扱う畳表は国産の無農薬品です。なかなか無いんですよ!

自然素材といえば無農薬かと思えばそうでもないんですよ。国産でも農薬びっしりなんてザラです。

、厳選した材料で皆さんが後悔しないで、安心して暮らせる材料をご提供いたします。

リフォームで「失敗した!もうこんな後悔したくない!」

なんて、言って欲しくないですからね。

たたみ寸法が採り終わった後は、大工さんの作業になります。

今回は大工さんが作業を行う前の朝一番で採寸!早い時間に畳屋さん、ありがとうございました。

その後、この場所で大工さんが作業します、何でも段取りが大事ですね!

いつも職人の皆様、おかげさまです!

t02200165_0800060012883267497

 

関連記事

  1. ユニットバス配管中!

  2. マンションの自動火災報知器移動は特殊な工事、専門職が必要!

  3. ユニットバス搬入中!

  4. 家具屋さんの作業場では

  5. 明日からはお盆休み

  6. 仕事の出来る職人さん、減っています。