口から入るものは身体に影響を与える

住環境は大事, 化学物質過敏症, 食品で健康に!

私たちの身体は主に口から入るものから生成されています
つまり体内に取り入れるものに注意が必要という事です

 

見栄えは良くて、美味しい!化学の力添加物

食品、飲料水では添加物

特に市販されている食品には様々な食品添加物が使われています

食品をより良く、見栄えを整えるために使われています

見栄えは良くて、美味しい!

しかしながら、これは添加物という名の化学物質からつくられています

本来、自然から採れるものとは別物ということ・・・

 

医療機関の薬も自然の中には存在しない

これらも化学物質です、自然の中には存在しないものです

薬は症状を悪化させるのを防ぐもの、症状が治るわけではないわけです

安易に薬を飲むことはどうなんでしょうかね・・・

 

これらを安易に身体に取り込み続けると、化学物質に汚染されていきます

敏感な方は化学物質過敏症として反応、病気になります

 

家の中の空気は汚染している!?

れらは私たちが体内に取り込んでいる空気にも当てはまります

今の日本の家造りには自然のもの、木、紙、布はほとんど使われていません

 

建材は化学物質を空気内に放出し続けます

合板フローリング、ビニールクロスを筆頭に接着剤を多量に使用して加工された

新建材という材料が使われています

これらの建材は化学物質を空気内に放出し続けます

 

室内の空気は常に汚染されているという事です

食品や薬は意識すれば体内に取り込むことを回避することが出来ますが

室内の空気はどうしようもないわけです

 

その家から出ていくか、あるいは建て替えるか!?

身体を休める住まい、睡眠時間は平均して6~8時間でしょうか

本来、体を休める時間のはずが、汚染した空気を吸い続けることになります

あなたの家は大丈夫ですか?

ご注意ください・・・

 

 

 

 

 

関連記事一覧