もみの木は環境保護のバロメーター

都市化が進んで空気が汚れていくと、もみの木は育たなくなるそうです。

先日茨城県鉾田市樅山にある樅山神社で、その事がわかりました!

もみの木の家を扱う者として、時々参拝させていただいている樅山神社。

当然、参道にはもみの木があるわけですが、そのもみの木にはこんな札がかけられていました。

書かれている内容は、

モミ(マツ科)

昔は平地にもふつうにみられましたが、この木は周囲が都市化するとなくなっていきます。公園などでは公害の度あいを調べる木として利用しています。

IMGP0874

繊細な木であることがよくわかります。

そして、他の神社でも多々目にする事があります。

クリスマスツリーにも使われる神聖な木です。

不思議な力があるのも当然なのかもしれませんね。

もし、不思議な力に興味があるようでしたらHPをご覧ください!

もみの木の家の良さがわかるかもしれません。

 

 

 

関連記事

  1. 家は建てて終わりではありません!|メンテナンスが大事です。

  2. マルサ工業さんが製材する、もみの木の内装材とは!

  3. もみの木で「木の住まいを創る!」

  4. もみの木の内装材 、乾燥期の対処方法(潤いを与えます)

  5. ペットの臭いも気にならない!そんな家があったら・・・

  6. 新築には安さを求めますか?|私達は付加価値を大事にします