家のトップライト!後悔の元かも、その後悔する理由とは!

新築一戸建で、トップライト(天窓)を検討中ですか?

なんとなくおしゃれだし、

天井から光が入ってくるわけですから明るいイメージもありますね

 

!実際に、建築基準法では普通の窓の3倍相当の光に換算しても良いですよ!

という法律もあります。

一定量の採光が取れないと、建築基準法はクリアできませんから、

法律的にも有効な手段といえます。

 

北側に設ける分には有効な対策といえます!

 

開閉式であれば風も抜けていきますから

、夏場の暑さ対策にもなります。

 

南につけたら、陽射しの事を考えたら最悪ですね・・・

 

ガラスはペアガラスを選択するのがベスト!

結露対策、寒さ対策にもなります!

image一番気をつけなければならないのは屋根に取り付けるということ。

 

屋根の一部がくりぬかれているわけですから当然ながら危険を伴う事になります。

一歩間違えると後悔の元です。

完成当初から雨漏りが起きるのは論外として、

やはり経年劣化でコーキングやシールがくたびれて、漏水の問題は出てくる事を考えていたほうが良いです。

 

トップライト(天窓)はいつかメンテナンスの時期がきます!

 

どうしても必要な場合以外は、検討が良く必要といえるでしょう。

一戸建ての計画を進める上で、業者さん、設計者さんの意見も取り入れながら話を進めるのが得策です。

 

トップライトは自分の判断だけで決断すると思わぬ失敗、

後悔につながるかもしれませんのでご注意ください。

関連記事

  1. 以外と簡単に交換可能!|部屋の中のスイッチプレートを交換

  2. 家の好みと相性の問題とは!?

  3. ハウスメーカー営業マンの嘘つき話

  4. プランを考えるのは建築士です!お施主様ではありません!!

  5. 新築一戸建て – 注文住宅の見積もりはバランスが…

  6. 化学物質過敏症壁の原因、ビニールクロスの弱点とは・・・