日本の家の平均寿命

日本の家の平均寿命は30年と言われています。アメリカは55年、英国は77年。しかしながら圧倒的に家の価値が違うのは外観。

鎖国以前の日本の家ははば100%木の家でした。自国にあるもの、自然のものを利用して家を作るわけですから、当然「木の家」となるわけです。

アメリカや英国も基本的には自国の自然素材を使用します。木や石、レンガ、塗り壁となります。それらの自然素材が街に溶け込み、風情のある街並みが形成されていきますが、今の日本の家、街並みはそうではありません。

科学で作られた建材で外観が形成されています。正直、日本の街並みを見るとがっつかりします。

残念ですね。

関連記事

  1. 法務省認定:日本公正技術者協会|優良企業加盟店です

  2. 台風が来るみたいですね|では、台風の後にやることとは?

  3. 「もみの木フローリング」のメンテナンスと、室内で花粉の被害を…

  4. 全国対応いたします|もちろん条件ありますけど・・・

  5. 床材と素足の相性とは?|家の中にスリッパは必要ですか?

  6. 新築のお風呂代で何回銭湯に行ける?