現場で見る事が少ない、貴重なカンナ屑

大手ハウスメーカーさんでは見る事が出来ない「カンナ屑」。内装材に本物の無垢の木を使わない限り、カンナ屑は出ませんからね。このカンナ屑はドア、建具の調整をした時にでたカンナ屑です。ドアの調整もドライバー一本あれば出来てしまいます。

しかも、最近の建材は切ったり、削ったりしなくても組み立てるだけで取り付けられる物がほとんどですから、プラモデル感覚で家が作られていきます。

もはや、家創りにノミやカンナといった道具が必要でない時代です。職人さんにも熟練の技は必要なくなりました。これは大手ハウスメーカーや建売住宅の話です。

私たちの家創りにはカンナ屑は出ます。極力、無垢の木を使用して家を作る事を基本としているからです。現在の家づくりでは珍しいかもしれません。職人さんの腕を絶やさないためにも、昔の技術を必要とする、しっかりした家創りを心がけていきたいと思います。

関連記事

  1. 外の湿度が高くても室内は・・・

  2. 注文住宅|あなたの打ち合わせ相手は誰なのかな?

  3. 健康リフォーム「新築の匂いがしないリフォームって良いね!」

  4. 『もみの木』その自然素材は本物?偽物?

  5. 家の特徴|どこで家を建てる、その理由は?

  6. ハウスメーカーの営業マンは建築士!?違うと言う事は・・・