北側斜線、道路斜線で困ってますか?|裏技・天空率とは!?

現在、新築一戸建てを検討、計画中の方へ

北側斜線や道路斜線で思うような建物が建てられくて困ってはいませんか?建築基準法には道路側や北側から一定の規制がかかる法律があります。

この法律があるが為に思い通りの家の形にならない・・・

そんな時に裏技的に使える法律が「天空率」です。

「天空率」という法律、ご存知ですか?

実はこの天空率の計算を行う事により、斜線を気ににする事なく建物が建てられる可能性があります。ただし具体的に建物の規模が決まってこないと検討は出来ませんので、設計と同時に確認しながら作業する必要があります。

正直、手間のかかる作業なのですが、少しでもお客様の希望に答えられるように、当社では天空率を積極的に採用しています。

天空率を使えば、斜線に影響されるので屋根の形状を寄棟にせざるを得ない場合でも、切妻に変更という事も条件にもよりますが可能なのです。

設計と同時に進めなければならない為、建築士さんのいない工事会社などでは難しいかもしれませんが、可能性があるという事は事実です。

関連記事

  1. 建築確認申請の注意点とは!?

  2. リフォームは誰の仕事?大掛かりになれば建築士が必要です!

  3. 昔の建築設計事務所|アナログ時代の建築設計作図作業

  4. 建築現場のダメ工事|設計屋目線と現場目線の違い

  5. 建築建築基準法第43条第1項ただし書に基づく許可申請

  6. 住宅会社の設計は誰がしているか知ってます?実は!