皆さん、防犯上、何を考えて住まいをお考えですか?

これから家を新築で建てられる方、リフォームを検討の方、マンションリフォームを考えている方、様々な住まいの形があるかと思います。

今回は防犯的な面で考えていきますね。

マンションは防犯的な事から見れば、私は有利だと思います。

ある方がおっしゃっていました『マンションの最上階は屋上から侵入されるから危ない!』そんな心配本気ですか?

スパイダーマンじゃあるまいし、侵入する方もそんなリスクは負わないと普通に思います。そこまで考えたら何処にも住めませんよ!

玄関さえ戸締まり、鍵をかけておけば、マンションの防犯性はかなり強いと私は考えています。

そして、戸建住宅。

こちらも、今の住まい造りでは防犯性はかなり上がっています。二重サッシやシャッターは、かなり有効です。

防犯性を考えれば、何処から侵入されやすいのかを考えるべきです。一目がつかない場所には大きなドアや窓を付けない事が大きな防犯対策です!

設計やプランを考える上でも気を使う所です。侵入者が人目につかずに長く作業を出来ない場所を作らない。

すなわち、死角は作らない!家創りにおいても心がけている所です!

人生においても大事な事ですよ!

関連記事

  1. 「健康に害のない家」と「人が健康になる家」の違いとは⁉︎

  2. 住まいづくりの基本!家の空気はさわやかに〜

  3. 自然素材の家・材料選びは自然に還るが判断基準!

  4. 現場で見る事が少ない、貴重なカンナ屑

  5. 家の中に森を創る!

  6. 部屋の大きさは物とのバランスを考えないと・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。