健康住宅専門店「もみの木の家」 @松戸

健康住宅とは?

健康住宅専門店の定義とは何なん何でしょうか?そもそも健康住宅の定義などはありません!

だからこそ「健康住宅」は何なのかという事になります。

大前提としては化学物質を大量に使用して作られる新建材と言われる内装材を極力使用しない家という事です。

新建材を減らせば減らすほど、健康住宅に近づくと言えるでしょう。

そして、身体に良い効果のある内装材を多く使用している家が健康住宅に近づきます。

健康住宅と名乗る会社でも、皆同じではありません。

健康住宅と名乗った建築会社や工務店は沢山存在します。それぞれ、使用している内装材は違います。

「新建材」と「身体に良い効果をもたらす内装材」このバランスがどのような形で使用しているかで、健康住宅のバランス、価値は変わります。

「木を使えば、身体に良いですよ!健康住宅です!!」なんて事を言う会社があれば止した方が良いですね。「木の特性を知りまん!」と言っているような物です。

私どもは、様々な建材を勉強し、そして沢山の木に関する事を情報収集してきました。木は何でも同じではありません!

そして身体に害をもたらす内装材、身体に何の影響がない内装材、身体に良い効果をもたらす内装材を知っています。

健康住宅「もみの木の家」

私たちも健康住宅と呼ばれる家を作っています。その結果、たどり着いたのが「もみの木の家」です。

今のところ「もみの木」以外に、身体に良い効果をもたらす内装材が見当たらないのです、だからこそ、健康住宅「もみの木の家」なのです。

もみの木を使う前は、積極的に国産材の杉や桧を使ってきました。国産材を使用すれば日本の森を守れると考えたからです。この考えは今でも変わっていません、構造材の土台や柱には、もちろん国産材を使用しています。

しかしながら内装材では「もみの木」の効果には及ばないのです。

お手入れの仕方も普通の内装材とは違います。

ワックスはダメです!

基本。フローリングのお手入れは掃除機と水拭きとなります!ワックスは厳禁です。もみの木が人の身体に良い成分を出す事に蓋をする事になるからです。

これでは自ら健康住宅を壊す事になってしまいますからね!

健康住宅「もみの木の家」よろしかったら一度・・・

関連記事

  1. 子育て世代の家づくり!|アレルギーには要注意!!

  2. 仮設工事|

  3. 土地があるのに・・・

  4. 家の値段は何で決まる!?

  5. 時間がなけど家は欲しいんだけど・・・

  6. 建築のプロがコラボ企画|もみの木の家・関東