その家を選ぶには訳がある!大手ハウスメーカーだからですか?

家を建てるにあたり、住宅を建ててくれる業者さんを見つけて、選ばなければなりませんよね?

まずは、皆さんハウスメーカーの大手会社さん、モデルルームに向かうのではないでしょうか?

大手ハウスメーカーさんが大きなお金を投入したハウスメーカー、そして素晴らしいパンフレットが置いてあり、営業だけに特化した社員の営業マンが、あなたを待ち構えています!

まさに営業ツールの仕掛けの中に、吸い込まれていくのです。

このような事を意識して、モデルハウスを考えてみた事がありますか?大手ハウスメーカーさんが大好きならば問題はないでしょう。ドンドン行っちゃってください。

そのような方でない場合は注意が必要です。

営業ツールの塊に足を運ぶ!この意識がなく、モデルハウスに訪れると、仕掛けられた罠にかかる事になります!

モデルハウスに入場すると、まずはアンケートに記入する事になります。

家族構成から勤め先、土地の情報はもちろん、資金計画に必要なのでと言われ、年収さえ聞かれる事になります。基本的な個人情報は、あちら様に知られる事になります。

ハウスメーカー側としては、第一段階は終了という訳です。

第二段階は、ひたすら一歩踏み入れたモデルハウの良いところばかりを、これでもか!と説明される事になるんです。

説明に疲れ果てて、モデルハウスを出ます。

「じゃあ、もう一軒行ってみる?」

という事になり、同じ工程を行う事になり、さらに疲れが増します!

そして、これは一般の方の傾向なのですが、一番最初に行ったハウスメーカーの情報が基本になるようです。

その他の業者さんと話をすると、

「えっ!●●さんでは、こう言ってましたよ!」

でも。この言葉に意味はありません。知識がないから、最初に聞いたことが基準になってしまうのです。

無理はありません。何も知らない素人なのですから。

これを繰り返して行くと、何が真実なのかわからなくなります。

しかも相手をしてくれた営業さんは技術屋ではありません。契約を取るためのプロ、建築のプロではなく、営業のプロなのです。

あなたにとって良い事しか言わないでしょう。

誰を信じて、何を信じるかが、良い家を獲得するために必要なこととなるでしょう。大手ハウスメーカーは確かにネームバリューはあるでしょう。

しかしモデルハウス、CM、過大な広告、あなたの支払う契約金にはそれらの全てが入っているという事です。

よく考えてから、行動に写す事をお勧めします!

関連記事

  1. 家の中、洗濯部屋干しで嫌な臭いがしない!?

  2. マンションの重低音問題の原因

  3. 現場で見る事が少ない、貴重なカンナ屑

  4. せっかく完成内覧会に行ったのに!何も聞けなかった理由は?

  5. 化学物質過敏症壁の原因、ビニールクロスの弱点とは・・・

  6. 建築基準法は建築の要です!これを知らずに建築を語るなかれ