ガルバニウム鋼板という選択肢|リサイクル可能で高耐久!

外壁材、屋根材にガルバニウム鋼板という材料があります。

解りやすくいうと、高耐久性がある鉄板材料。

えっ!トタン?

と、思われるかもしれませんが昔のトタンとは格段に材料性能が違います。

基本的に錆が発生することは、まず、ありません。

表面には、遮熱をする性能も持ち合わせています。

ただし、これだけでは住宅に使用するのは危険と言えます。

家の断熱性能が上がってきている今だからこそ、更に有効に使用できると言えるでしょう。

外壁や屋根を通気工法を使用する事により、更に断熱も上がります。そして鉄板材の悩みと言える、雨音の軽減にもつながります。

今だからこそ、コストも抑えられて、耐久性の強い外壁材と言えます。

ただし、どうしても外観に柔らかみは薄れますから、好みが分かれますね!

先ほど、雨音の事を書きましたが、自分は家の中で雨音が聞こえるのはそんなに嫌ではありません、何となく心地よいんですよね!

中学の時の木造校舎を思い出すんです。その校舎、雨漏りもしていました!でも、それが楽しかったんですよね。

柱から滴り落ちてくる水を頭巾で受けてから、バケツに移す!授業なんかどうでもよく、雨水処理をしていました!

今の住宅でこんなことしたら、間違いなく欠陥住宅ですけどね!

関連記事

  1. 健康リフォーム「新築の匂いがしないリフォームって良いね!」

  2. オーガニックな家は何が違う!

  3. ぶれない心

  4. 家の中、湿度を調節する能力があれば室内は快適!

  5. 新築、ローコストで我が家が手に入る !?大丈夫ですか?

  6. 消費税10%は逃れらませんね。