梅雨の時期でも家の中は快適!それが「もみの木の家」

もみの木の家・不思議な効果, 住環境は大事

梅雨の時期、ジメジメとした感じが家の中に不快感が広がりますよね。

ところが「もみの木の家」では、そのような事は起こりません。

家の中に湿度を調節してくれる建材を使えば、梅雨の時期でも快適に生活する事ができますよね。

もみの木の特徴の一つに、湿度の調整があります!室内を人が快適と感じる体感湿度に保ってくれる効果があるんです。

室内の余計な湿気をもみの木が吸い取ってくれる事により、梅雨の時期でも室内の湿度は60%を超える事は稀です。

それだけ、湿度の調整をする力が強いという事なんですね。

湿度の調整と共に抗菌作用もありますので、梅雨の時期のカビの発生を防ぐ効果も期待できます。

押入れの中の湿度対策にも重要な事です。居室に使用することももちろんですが、押入れやクロゼットに使用することでも大きな効果を上げる事が出来るんです。

このようにカビの発生する環境を作らない事が、本当の健康住宅、オーガニックハウスと言えるのではないでしょうか?

家に対する思いや求めるものは、人それぞれでしょう。家づくりに健康というキーワードを入れて家を作る。そんな事を、工務店や建築士事務所が言うのは珍しいかもしれません。

しかしながら、人に一番大事なものは何なのでしょうか?

「健康」ではないでしょうか?

私たちは、この「健康」というキーワードを家づくりに取り入れて活動しています。

家の中で、カビの発生が起こらない環境を作る。暮らしていく中で快適に暮らせる。そんな家づくりを目指しています。

家の中をジメジメとした環境にしない!これも「健康」に関わる大事な事だと感じています。

梅雨の時期は洗濯物の室内干しが多くなる事でしょう。

「もみの木の家」は室内干しでも、

「洗濯物の乾きが良い!」

「変な臭いがつきづらい!」

等の実体験の声もいただいています。

梅雨の時期だからこそ、体感していただきたいものです。定期的に体験内覧会を開催しています。

そして、体験内覧会に日時が合わない方は、お問い合わせフォームから、その旨伝えていただければ、出来るだけ日時の調整をさせていただきます。

ご縁ある、あなた様との出会いに感謝いたします!

関連記事一覧