増税後の住まい給付金をご存知ですか?最大50万円!

このままいきますと消費税10%への増税は避けられそうにもありませんね。

家を建てる計画のある皆さんには気が気ではないのではないでしょうか?

新築の家を建てる際に、国から補助される「住まい給付金」と言うものをご存じですか?

「住まい給付金」とは、住宅を取得した場合、各家庭の年収により支給される給付金です。

現行では住まい給付金の最大給付額30万円ですが、この額が最大50万円に拡充されます。

住まい給付金の支給金額は、各家庭の年収によって決められています。

残念ながら、すべての皆さんに50万円が支給される訳ではないんですね。

この「住まい給付金」年収の少ない世帯に、より多くの給付金が支給される事になっています。

住まい給付金の詳しくは、下記のサイトにて確認ください。年収ごとの支給金額が記載されています。

国の制度は賢く使って、費用の負担を下げられるようにしたいものですね。

ちなみに、消費税8%が適用されるのは、建物の引き渡し時期が10月1日を越えない時期まで、引き渡し時期が10月1日以降になる物件は消費税10%が適用する事になります。

これから注文住宅をお考えお考えの方は、残念ながら10%適用となりますかね。

他にも減税措置などもありますので、情報収集する事をおススメします!

すまい給付金ホームページ http://sumai-kyufu.jp

関連記事

  1. 注文住宅と建築士

  2. 注文住宅|あなたの打ち合わせ相手は誰なのかな?

  3. 仮設工事|

  4. 営業職って何でしょう?|契約を取るのが彼らの仕事です!

  5. 新春マンションリノベ・もみの木の家内覧会を行います!

  6. 家を建てたい!そんな時に考えたい3つの大事な事とは!?