ビニールクロスの矛盾!ビニール製の布???

日本の壁や天井には多くのビニールクロスが使われています。

そもそもビニールクロスの意味を考えた事がありますか?

ビニールはビニールですね、ではクロスは?

クロスとはクロース、すなわち布という意味を示します。

これを合わせてビニールクロス

ビニールの布?こんな言葉が他の国に存在するのかは調べた事がないので、わかりません。

そもそも、明治以降の高級建築に使われた内装材が布製の壁紙材です。昔の洋館やホテルには多く使われています。

しかしながらコストが高い!

そこで登場したのがビニールクロス。後の高度成長期、化学物質を多量に使用した建材と同時期に登場しました。

化学物質の内装材の仲間がビニールクロスなのです。

詳細は省きますが、このビニールクロスの中には発がん性物質にも認定されている「ヒソ」も含まれています。

このような項目はメーカーが公表している仕様書にも記載されていますので、嘘と思われる方はHP等で確認されると良いでしょうね。

ともあれ、健康住宅の概念に入れてはいけないのが「ビニールクロス」と考えます。

皆さんは、どう考えますか?

関連記事

  1. 耐震等級って何かな?|耐震等級3相当をオススメします!

  2. 子育て世代には必要!「松戸で無添加・ロハスな家づくり」

  3. 工事後のお客様との関係は大事ですね!

  4. 営業職って何でしょう?|契約を取るのが彼らの仕事です!

  5. 新築、ローコストで我が家が手に入る !?大丈夫ですか?

  6. 一戸建てリノベーション|断熱工事は住環境の要!