オーガニック住宅なら・・・|本物のオーガニックカーテンでしょっ!

千葉県松戸市を中心にオーガニック住宅「もみの木の家」を展開しているりゅう建築設計のRyuです!

新築の家が完成すると、まず用意するのはカーテンでしょう!。

このカーテン、化学繊維で作られているものが大半なので、化学物質を室内に持ち込むことになります。

シックハウス症候群や化学物質過敏症の事を考えて、

せっかく自然素材や体に害がないもので家を作っても、これでは台無しですよね!

当然、

「じゃあ、どうすれば良いの?」

となりますよね。

そこでお勧めしたいのが、「自然栽培綿」で作られたオーダーカーテン、オーガニックカーテンなんです!

自然栽培綿が栽培される土壌は、一切農薬を使用しません。

そして普通のオーガニックコットンとも違うのです。

普通のオーガニックコットンは3年以上無農薬、無化学肥料で栽培した農地で収穫する綿のことなんだそうです。

3年前はどんな農薬を使っていたか判らない畑で栽培されています。これでも「オーガニックコットン」の名乗るのを許されるそうです。

しかしながら「自然栽培綿」は100年間、無農薬の農地で栽培されています。「本物のオーガニックコットン」といえます。

普通ではないと言うことです。

「本物のオーガニックコットン」の布が出来るまでの工程は、実にたくさんの人が関わっています。

100年間無農薬の畑で綿を育てる、その作業は全てが手作業です。

そして糸を紡ぎます。これは農家のおばあちゃんたちの仕事。

そして柿渋などの自然塗料で染色。

そして綿を織る作業も人力。「力織り機」と言う、明治後半期に活躍していた織り機で手をかけて製造されるのです。

この工程で中国山東省にある益久染織研究所の畑で製造、加工を行っているそうです。

そして最終的に、日本のカーテン専門の加工場で縫製されます!

そしてこの、自然栽栽培のカーテンには協力な紫外線カット効果があるそうです。

そして綿の油分により、汚れがつかない効果もあるんです。この効果は洗濯してしまうと効果が薄れてしまう為、せんたうは2〜3年に一度が目安です。

普段のお手入れは、埃を払う程度でOK!

お手入れも楽で、紫外線もカット!しかも健康に害のないカーテンでしょ。

皆さんどうでしょう。このような効果があるカーテンを当事務所の標準品に採用することにいたしました。

当然の流れです!オーガニック住宅「もみの木の家」の家には自然栽培綿で作られた「本物のオーガニックカーテン」で決まりです!

関連記事

  1. こあがり和室の畳は無農薬!

  2. 『もみの木』その自然素材は本物?偽物?

  3. 家づくりの基本|営業は契約を取る事だけが仕事です

  4. 消費税10%引き上げ!|注文住宅を建てるタイミングはいつがい…

  5. せっかく完成内覧会に行ったのに!何も聞けなかった理由は?

  6. オーガニックな家は何が違う!