シックカー症候群、シックカーシンドローム|対策強化へ!!

シックハウス症候群, リフォーム, 住環境は大事, 匂いの問題を解決!, 化学物質過敏症

こんにちは、りゅう建築設計 代表:Ryuです!

昨日はいくらか暑さが和らぎましたが、本日はまたもや30度を超えそうです。熱中症には気をつけていきましょう!

さて、今回は新車の新車の匂いのお話です。実は新車の匂いって化学物質の集合体の匂いなんです。知ってました?新築の匂いも同様なことが言えます。

新車を製造する上で使用されるプラスティック、接着剤、布などに対する規制強化に伴い、「新車の匂い」対策が始まっているようです。つまり、人の身体に良いものに材料を変えていきましょう!という事。

と言う事で、国の規制とは関係ありませんが、断熱と車内の消臭をかねて、車内の天井を「ウレシイカベ」という左官材料で仕上げてみました。

かなりイレギュラーな方法ではありますが、狭い空間の中では、かなりの効果があるのではと踏んでいます。結果はまた後日報告したいと思います!

で、話を戻しますね!

車内で使用されている揮発性物質の使用が制限され、匂いの少ない代替品の使用が進むのは非常に良い事ですよね。ついに新車から新車の匂いがなくなるか!?

家の中の規制はシックハウス 対策として、建築基準法上に記されています。

車内の内装材に使われている、アクロレイン、ベンゼン、エチルベンゼン、ホルムアルデヒド、スチレン、トルエン、キシレンなどの揮発性有機化合物(VOC)に規制がかかっているようです。

このような材料はシックハウス 症候群と似たような症状を引き起こす可能性が非常に高いのです。

2005年、韓国では800人の新車購入者を対象に行われた研究によれば、51.5%の人がシックカーシンドローム、シックハウス 症候群と呼ばれる症状を少なくとも感じていたとされています。

15年前の話ですから、世界的にも危惧はされていたんですね!

これを受け韓国では2007年以降VOCに対しての使用制限が設けられているほか、日本やロシアなどでも同様の規制が存在するそうです。

徐々にでも良いので車内環境も改善されていくと良いですね!

本日もブログにお付き合いいただき、おかげさまでありがとうございます。

最高の「健康住宅」を目指す建築士事務所兼工務店の「りゅう建築設計」では、
住まう方の健康のため、家族の笑顔の絶えない家になるよう、厳選した健康素材を使用して「家族の団欒」や「生活導線」を考え尽くした快適設計で家族が楽しくなるように建築いたします!

とくに「アレルギー」や「健康に不安がある方」は住んでいる家が原因かもしれません・・・

つくばエクスプレスや常磐線をはじめとする
千葉県流山市・柏市・松戸市・我孫子市・幕張市・成田市・千葉市
茨城県つくば市・つくばみらい市・取手市・守谷市
東京都葛飾区(金町)・足立区・台東区エリア等にて健康住まい作りを展開しています!

その他のエリアの方、そして条件が合えば全国どこでも対応しますよ。お気軽にご相談くださいね。

関連記事一覧