太陽光発電、買い取り見直し

政府は、太陽光などで発電した再生可能エネルギーを固定価格で大手電力会社に買い取らせる制度を見直し、安くて安定した発電が見込める地熱発電からの電気を優先的に購入させる方針を固めたらしいですね

当社では太陽光発電をお客様にお奨めしていません、売電云々の話や太陽光はエコであるという事から皆さん導入されるようですが、太陽光はエコでも、太陽光パネルは基本産業廃棄物ですから、屋根にお金をかけて産業廃棄物を載せているようなもので何とも悲しくなります・・・

太陽光パネルは産業廃棄物

太陽光発電システムの廃棄方法やリサイクルについては、現在、太陽電池モジュールの設計ガイドラインや、撤去や回収にかかるガイドラインなどが検討されていますが、現時点では太陽電池モジュールなどの複雑なシステムを安全にリユース・リサイクルするまでに至っていません

そのため、不要となった太陽光発電システムをゴミとして廃棄する際には、一般的な家電リサイクル制度の対象とはならず、原則として一般産業用廃棄物として扱われることとなり、処理を請け負う専門業者を利用する必要があります、当然費用もかかりますし、地球にダメージを与える訳です

最終的にどうなるかわからないものを、目先の流行や利益、利便さをを優先させるとこういうことになるわけです、普通に考えれば結果は見えていたはずです、気づかない方がおかしい・・・売電にしても情報が足りなかったでは済まないと思いますが、売電が出来るからこそローンを組んだ方々もいらっしゃいますし、事実引き渡し拒否される事例も出ているようですね

原因と結果の法則

未来の事を良く考えて、行動判断してもらいたいものです、太陽光がダメなら次は地熱発電ですか、原因があるから結果がついてくる、新しいものを導入するときは、最終的にどうリサイクルするかを考えて行動、開発しないといつまでも地球はクリーンになりません!

当社の家づくりはできるだけ地球にダメージを与えない建材を選んでいます、産業廃棄物の分別は進んでいるにも関わらず、どうにもならないものを造り続ける時代は早く終わらせてほしいですね!