モデルルーム

もみの木の家 モデルルーム

「もみの木の家モデルルーム」は住まう家族が健康になることを願って、ぜひ体感していただきたいと想い、作った部屋です。

作ってから10年経つもみの木の家モデルルームですが、もみの木の効能は途絶えることなく、今でもかわらない空気環境に驚かれるかと思います。
また、入られるときにはスリッパはご用意しておりません。
それは、もみの木の感触は素足で確かめていただきたいからです。

硬そうに見えて柔らかい感触と温もりにまた驚かれると思います。とくに冬に来場された方は、冷たくない床にびっくりされる方が多いです。
床に使われるもみの木は、樹齢が200年以上のものです。杉やヒノキが50年前後ですから、木としての成り立ちがまず違います。木は一度生えたら移動ができません。そこで、自衛手段として、葉っぱなどから成分を出して、虫や菌類などかを寄せ付けないようにしています。

その成分を、製材された木からも出そうとすると、木自体を天然乾燥する必要があります。人工乾燥機器に入れて100℃前後の熱による乾燥では、木の細胞が壊れてしまいます。もみの木の家のもみの木は天然乾燥させた木で、細胞が壊れていないので、床材からも成分は出ています。 消臭、抗菌、空気の浄化、調湿などの効果が大きな内装材になっています。調湿効果などは気密性の高い家では重要なことで、調湿=空気環境、という事になります。

カラーフロアにビニールクロスという家の中は、結露などが起こりやすく、カビの原因になります。カビが生えたら食物連鎖でダニが出てきてゴキブリなどまでつながっていきます。 虫たちが住みやすい環境になるということです。カビやダニが喘息やアトピー性皮膚炎などの発症の引き金になっているのではないかと岩言われていますが、そうならないために、家の中の調湿がとても大切になります。

ぜひ、この住環境を
体験しに来てください。
今までが何だったんだろうと
後悔と新たな体験に
ワクワクするかもしれません。