マンションリフォームを後悔しないための必要な作業の一つに、過去工事をしたお客様の物件を見ていただくことがあります。

打ち合わせ中のお施主様に、過去の事例を見ていただくことはもちろん参考になるのですが、OBのお施主様のお話を聞いていただくことは、もっと参考になる作業です。

OBのお客様もマンションリフォーム中はもちろん、打ち合わせ中もいろいろ悩まれ、大変な経験をされています。こんな話は普通では聞くことができません。

過去のお施主様はリフォームの先生!

工事中や打ち合わせ中に苦労をされたお話を聞くと共に、注意するべき点をお施主様目線から教えてくれる、リフォームの先生でもあります。

後悔には意外な共通点が!

image今のお施主様に同行して、過去のお客さんのお宅をめぐっていると、意外なある共通点が見えてきました。

どうしても、予算ありきのマンションリフォーム工事です。どうしても妥協しなければならない部分はそれぞれあります。そこで最初に削られる部分で多いのが、玄関の化粧シートであるのは確かな事です。

古いマンションの玄関ドアはスチール製、鉄製の塗装仕上げがほとんどです。コレを化粧シートに変更することを提案するのですが、金額が5~6万円と以外と微妙な数字なので迷われる方が多々います。

ドアに化粧シートを貼るか貼らないかで仕上がりは見違えるように違うのです・・・

が、結果的に減額対象になります。

結果、リフォーム後に皆様が言われるのが・・・

imageですが皆様口にするのは・・・

工事が終了して、間仕切りも思うように変更できて、部屋の中の内装材は自然素材、ドアも設備もとても気に入っている、まわりがきれいになったのに家の顔の玄関だけが・・・

このお話を聞いて、今回のお客様は迷っていた玄関にシートを貼る決断をしました!

皆様の意見が背中を押してくれましたね、工事が終了したOB様の言葉の重みは違う事を実感した出来事でした。

本当の後悔はやらなかった事・・・

image話はここで終わりません、実は玄関以外の事でOBの皆様がお話してくれたのは、玄関シートだけでなく予算を気にして

『やらなかった事が後悔・・・』

ということでした。もうチョット頑張れば予算は大丈夫だった、チョットけちったために後悔が残っている。という話しがこんなにもあるとは思いませんでした。

私達にはご提案することはできても、お金の判断は最終的にお客様です。

後悔しないマンションリフォーム

マンションリフォームで後悔しない予算配分と判断が必要と言うことですね。