新築で無垢の木の家、無垢の内装材を検討中ですか?
木の家に無垢材を使用するなら知っておいていただきたい情報があります。

木には針葉樹と広葉樹、大きく分けるとこの2つに分けられます。

そして木が自ら作り出し、大気中に放出する成分に
「フィトンチッド」という成分があります。

このフィトンチッドを放出するのは針葉樹だけです。
広葉樹にはフィトンチッドを放出する力はありません。ご存知でしたか?

人にやさしく、木を守るフィトンチッド

image

人に良いとされる、森林浴の効果はこのフィトンチッドの力です。

そして木が自身の身を守ることにも使われています。

木は人や動物のようにように、自分で自由に動き回ることはできません。
外敵から身を守る必要があるわけです。

自らの敵を何かしらの力で撃退しないと
何百年と生きていくことはできません。

フィトンチッドという成分を放出して木は自らを守っているのです。

1930年頃、旧ソ連のB.P.トーキン博士がこの植物の不思議な力を発見して、
フィトン(植物が)チッド(殺す)と名づけました。

フィトンチッドは昔から利用されていた!

image

木は長きに渡り、進化の過程の中で、

フィトンチッドを作り出し自らを守る手段を手に入れました。

このフィトンチッドを作る能力を手に入れることによりより、
木は長く生きることができるようになったのです。

コーヒーの木の周りには草が生えにくい、
ニセアカシアの周りにも草が生えない。

自らのまわりに他の植物が育たないように
フィトンチッドを放出して自らを守る植物も有ります。

最近では農業にもフィトンチッドは利用されています。

相性の良い野菜を混ぜて植えると害虫が寄ってこない。

場合によっては、雑草が生えにくい等、
農薬を使わずに農業を行う手法も注目されつつあります。

日本人は昔から効果を知っていた・・・

image

このフィトンチッドや自然の力、
私たちの食文化の中にも入り込んでいます。

木がいろんな成分を出して身を守っている事はもうおわかりでしょう。

その成分を日本人は実に上手く利用しています。

魚を食べる日本人は魚が腐るのを防ぐために、
古い時代からフィトンチッドを利用しています。

まだまだ冷蔵庫や製氷機の無い頃の話です。

お寿司を乗せる飯台には桧が使われていました。
桧は強い抗菌作用があり、魚の雑菌の増殖を防ぎます。

寿司の中のわさびも殺菌作用の為に使われていました。
がり、お茶も同様です。

付け合わせかと思っていた物も
合理的に殺菌や抗菌のために使われていたんですね。

マス寿司は笹の葉にくるんでありますが、これも抗菌。
しその葉もそうです。

日本酒の樽は杉の木で作られます。
これは香りを付けと抗菌作用、両方を兼ねているそうです。

自然のものしか無かった時代、自然の恵みの成分を活かして生活に取り入れていたんですね!

本物と偽者の違いがわかれば・・・

image

現在ではプラスチックの笹
の葉もどきが使われている場合があります。

まったく殺菌作用の無い偽物を、それなりにとりつくろって
見せかけだけ体裁を整えています。

本来の効果を何もわかっていないとこのような結果になります。

何故それを使うのか?
本物とは何なのか?
木の家の内装材にはどんな木を使う?

「木」の成分の事はあまり多くの方はご存知ないかも知れません。

だからこそ木をよく知り、
どの木が最適なのかを吟味してほしいと思います。

その4、ではフィトンチッドが人に与える良い効果をお伝えします。

 

木の家・無垢材で後悔、失敗しない為の5つの情報!その1

木の家・無垢材で後悔、失敗しない為の5つの情報!その2

木の家・無垢材で後悔、失敗しない為の5つの情報!その4

木の家・無垢材で後悔、失敗しない為の5つの情報!その5

カテゴリー 無垢の木、本当の話