地元、松戸市内にて新築一戸建て「工事請負契約」を交わしました。

身体にダメージのない、自然素材、健康素材を使用しての家づくりです。

 

家族が健康に、楽しく過ごすための家。

ゴールデンウイーク前の完成を目指して

2016年1月から、新たなる家づくりがスタートします!

 

事前に設計契約をいただきプランニング

 

工事請負契約の数ヶ月前に設計契約をいただき、

ゆっくりとプランを温めてきました。

 

image

 

当事務所では、設計契約と工事請負契約は別々に行います。

設計費用は、基本設計が30万円、実施設計は70万円となります。

 

今週中には建築確認申請も受理され

行政から建物を建てる許可もいただけます。

 

今回の家づくりは、バージョンアップした「りゅう建築設計の標準仕様」となります。

フローリングは定番となっている「もみの木フローリング」を使用します!

 

工事の進捗に合わせながら、標準仕様の内容を伝えていきたいと思います。

 

工事請負契約約款には注意が必要

 

さて、簡単に工事請負工事契約と言いますが

契約書に添付される「工事請負契約約款」というものがあります。

この「工事請負契約約款」特に統一されているわけではありません。

 

image

 

大手ゼネコンや設計事務所は契約の書式には

「民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款委員会」

が発行している、契約の書式を使用している業者が多いはずです。

 

「民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款委員会」は

契約の正当性を保つために92年前に発足した団体が発行していますから

安心感があります。

 

独自の契約書も存在する

 

しかし、ハウスメーカーや街場の工務店さんは

独自の書式で対応しているようです。

 

「ようです」と、言ったのは

他の工事会社さんの契約書を見ることはまずありませんが

様々な方から情報をいただいたことによる推測です。

 

私が設計事務所に勤めていた時は、

設計者が設計監理業務として、請負者と註文者の間に入りますので、

公正を記して「民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款委員会」

の書式を使用していました。

 

image

 

他の書式でも構わないのですが、

請負者、註文者、双方の為になるようなものなら良いのですが、

 

何か問題が出た場合、請負者が有利になるような文章ばかりが記載されていたら

その契約は考えたほうが良いですね。

 

当事務所の契約書式

 

さて、当社の工事請負契約の書式はというと

一般社団法人「日本公正技術者協会」の契約書、約款を使用しています。

 

logo

 

一般社団法人「日本公正技術者協会」とは、

内務省の認定法人でもあり、国のお墨付きの社団法人です。

 

この社団法人の役割は、工事請負者、註文者、工事に携わる職人さん

がトラブルにならないようなシステム作りをしている団体です。

 

services_img_01

 

もし万が一、トラブルになった場合も

12人の弁護士と12人の建築に携わるエキスパートが

中間的な立場で判断を行い、双方が納得出来る形をサポートしてくれます。

 

一般社団法人「日本公正技術者協会」の契約書、約款を使用することで

お互いに安心感を得ることができます。

 

契約書はよく読みましょう!

 

契約書を契約の日に初めて見るのは危険が伴います。

契約の日に初めて見たのでああれば、当然のように読み合わせが行なわれますが、

そこで問題があっても、契約をストップするのは難しいでしょう。

 

image55

 

できれば、契約の雛形を事前に読んでおいて、

問題があれば、契約の内容を変更してもらうべきです!

 

事前に契約内容を確認していれば、

契約当日は、読み合わせの作業も省けますし、

時間の短縮にもなります。

 

さて、そのように大事な「工事請負契約」も

無事1月16日に終了いたしまして

 

来週の1月23日は地鎮祭、

 

その翌週の1月30日は工事着工です!

 

「おかげさまでありがとうございます!」