日本の街づくり|災害にドンドン弱くなってますね・・・

今回の台風は災害に弱い街づくり、「日本」を思いっきり暴露してしまいましたね。

千葉ではこれほどまでの災害があったにも関わらず、報道の少なさには呆れます!

これから日本では、台風、地震、様々な天災が起こることでしょう。

今回の台風ではいまだに千葉の一部では停電が続いています、この暑さの中体調を崩される方も多いのに政府はどのような対応を考えているんでしょうかね?

東電もいろいろ問題もありますが、今回の対応は頑張っていると思いますよ。他国ではどう災害が起これば復旧に数ヶ月かかるのではないでしょうか?

東電の方達も、現地に止まって仕事をするわけにいかないでしょうから、遠方より毎日通っているんではないでしょうか?

大丈夫なんでしょうかね?日本政府???こんな状況下において内閣改造ですからね〜

台風直撃の翌朝は、交通機関の乱れもあり通勤者には多大な影響もありました。学校に登校する学生さんも大変だったでしょう。

このような状況下の中、政府が対応することはできないのでしょうか?

せめて、学校は休校。

これを宣言しないため、学校に頑張って通った学生さんもいたようです。しかしながら、学校に到着してみるとクラスの半数は来ていないため、休学になったそうです。

このような通学時に事故でも起こったら二次災害、三次災害となるんではないでしょうか?

学校、会社、企業、それに属する関係者の方の生命、人が動く負担をもっと深く考えてください!

下手すりゃ、死んじゃいますよ!!!

そしてオリンピック。

不安でいっぱいです。

暑さ問題、そして台風が来ても不思議じゃない気象状況です。

さらに交通機関の海外の方への対応。爆発的に人が訪れるのですから、何かあったらシャレにはなりませんよね。

そんな危険なオリンピック、私は現地には間違っても行きません!テレビで観戦が一番ですね!!

関連記事

  1. 素足が一番!『もみの木の家』

  2. マンションの防音フローリング|遮音等級の考え方

  3. 27年度、松戸市住宅用省エネルギー設備設置費補助金

  4. 床材と素足の相性とは?|家の中にスリッパは必要ですか?

  5. りゅう建築設計|事務所移転のお知らせ

  6. 新築住宅無料相談|随時受け付けております。