家の中でのソーシャルディスタンス|適度な距離で快適に!

シックハウス症候群, 住環境は大事

こんにちは、りゅう建築設計の代表R Y Uです。

コロナ、Go to トラベルキャンペーン。内容を把握している方は、あまりいらっしゃらないようです。個人の方はもちろん、旅行代理店の方も・・・

そんな中でも家を建てたり、リフォームをされる方はいらっつしゃいます。

当然、家族の中でも適度な距離が必要になりますよね!

適度な距離を取りつつも、家族の様子がわかるような間取りが必要となります。

適度に仕切りをも設けたり、障子や建具などで大きな空間に仕切りを設けるのも良いかもしれません。

昔の家屋は冠婚葬祭や来客の事も考え、壁ではなく、フスマで仕切りを設けていました。この考えを現代におきかえると面白い家ができそうです。

臨機応変に対応していくのが、これからの家づくりに求められそうです。

間取りだけでなく、室内に使う材料にも気を使いたいものです。新建材だらけの家では快適な生活は難しいでしょう。

シックハウス 症候群に注意する事も大事です。

そこで「おうちで毎日森林浴!」が実践できる、もみの木の家はいかがでしょう?

住まいが快適であれば、外に出る必要がないのでは・・・

これから、しばらくはコロナとの共生が必死となります。

自宅待機の時間、テレワーク、そしてリモートによる教育等、変化が起きるでしょう。つまり、家にいることが今まで以上に増えるのです。

「家族の笑顔が絶えないおうち!みんながほんわかする住まい!!」

オーガニックな素材で創る「もみの木の家」ご興味があるようでしたら一度・・・

今日もお付き合いいただき、おかげさまでありがとうございます。(^ ^)

最高の「健康住宅」を目指す建築士事務所兼工務店の「りゅう建築設計」では、
住まう方の健康のため、家族の笑顔の絶えない家になるよう、厳選した健康素材を使用して「家族の団欒」や「生活導線」を考え尽くした快適設計で家族が楽しくなるように建築いたします!

とくに「アレルギー」や「健康に不安がある方」は住んでいる家が原因かもしれません・・・

つくばエクスプレスや常磐線をはじめとする
千葉県流山市・柏市・松戸市・我孫子市・幕張市・成田市・千葉市
茨城県つくば市・つくばみらい市・取手市・守谷市
東京都葛飾区(金町)・足立区・台東区エリア等にて健康住まい作りを展開しています!

その他のエリアの方、そして条件が合えば全国どこでも対応しますよ。お気軽にご相談くださいね。

関連記事一覧